36fde1a3

美味しいビールの決め手は、白山の伏流水!

ビールの材料キリンビールの原料は、

 

二条大麦、ホップ、

 

とうもろこしとお米、そして水です。

 

とうもろこしとお米っていうのは意外な感じでしたが、

 

ビールにまろやかさを出す為に必要だそうです。

 

 

 

「北陸の水は、すごい!」

 

キリンビールが北陸の松任という地域を選んだのは、

 

良質で豊富な水=霊峰白山の伏流水があったからです。

 

白山の伏流水は、100年もの時を経て

 

じっくり・ゆっくり濾過された良質の水です。

 

350ccの缶ビール1缶に、

 

なんと3リットルの水が必要なんだそうです。

 

これには、ビール自体に使われる水のほか、

 

瓶や缶を洗う水なども含まれている量だそうですが、

 

良質の水が豊富になければビールの生産もできません。

 

 

 

私ども宮子花園も同様に、

 

花の生産には大量の水が必要です。

 

地下100mから井戸で汲み上げる白山の伏流水を、

 

毎日使わせていただいています。

 

冬場の融雪装置にも欠かせない、ありがた~い水です。

 

 

 

ホップの花を割ると、黄色い花粉が・・・

 

ビールの爽やかな香りと

 

なんとも言えない苦味は、

 

ホップが生み出します。

 

ホップの花を割ると、

 

黄色い花粉のような粒がいっぱいあります。

 

その黄色い粒こそが、ホップの本質です。

 

このホップはお茶にしても、爽やかな香りを楽しめるとか。

 

ビールの仕込み釜

 

仕込み釜は7つありました。

 

直径9mもある大きなものです。

 

白山の伏流水と二条大麦で、

 

ビールのもとになる麦芽(モルト)が作られます。

 

ビールの濾過機

 

発酵と貯蔵を経て、

 

この濾過機を通ります。

 

酵母やたんぱく質を取り除くと、

 

琥珀色のビールになります。

 

一回目にこの濾過機を通ったビールが、

 

「一番絞り」なんですね~。

 

苦味とコクが違うはずです。

 

絞りかすとは言っても栄養豊富なカスですから、

 

乾燥させて牛や豚の飼料にしているそうです。

 

缶の箱詰め

 

最後の工程です。

 

この日は缶ビールの箱詰めをしていました。

 

このたくさんのビールはすべて、

 

北陸三県と新潟県の一部で消費されているそうです。

 

「一体誰が、そんなにたくさん飲んでいるの?!」

 

な~んて・・・毎晩飲ませていただいております。

 

試飲コーナー

 

工場見学の最後は、

 

お楽しみの試飲コーナーです。

 

ビールまたは清涼飲料水の

 

どちらかお好きな方を選んでいただけます。

 

飲酒運転を撲滅するため、車を運転される方は

 

胸に「NO!!飲酒運転」のバッジを付け、

 

ビールを飲むことはできません。

 

どうぞ、ビールを飲まない方が車を運転してください。

 

試飲の客席

 

試飲の客席です。

 

団体様も、これなら平気ですね。

 

飲み物は、2杯目までお代わりできます。

 

しかも、おつまみ付きです。

 

この工場見学=ブルワリーツアーは、

 

2008年1月13日から予約制になりました。

 

6ヶ月前から、2日前までに予約が必要です。(TEL076-274-8880)

 

午前10時から午後4時まで、15分間隔でグループ毎に見学します。

 

2名から30名に一人、綺麗なガイドさんが案内してくれます。

 

キリンビアパーク北陸では、

 

4月23日まで、「キリンビール大学展」が開催されています。

 

インターネットからも学習できますよ。

 

 

 

ビールのウンチクがいっぱいです。

 

 

 

春は宮子花園の花売場は花の種類も多く、

 

見て回るだけで楽しい気分になれます。

 

宮子花園から車で10分という距離ですから、

 

ドライブがてら、どうぞお立ち寄りください。

 

 

 

キリンビアパーク北陸  定休日:木曜日

 

〒924-8501 石川県白山市竹松町2480

 

 

にほんブログ村 地域生活ブログへ

ビールの三段注ぎ

 

まだ、おまけがありました。

 

「美味しいビールの注ぎ方」

 

ビールの3段注ぎ!!

 

まず一回目は、

 

40cmほどの高さから勢いよく注ぎます。

 

しばらく待って、泡とビールが同じくらいになったところで、

 

2回目も勢いよく注ぎます。

 

待つこと数分・・・・・普段は、こんなに待てるのか!?

 

最後の三回目は、

 

グラスを斜めに静かに注ぎます。

 

しっかりした細かい泡が、長い間消えません。

 

こうして、ビールの風味が長持ちします。

 

カップは深めで、きれいなことがポイントです。

 

お時間がある時、お試しください。

 

 

0 返信

コメントを書く

お名前とメールアドレスは必須です。
お気軽にコメントお寄せください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>