57e969cf

葉ボタンの寄せ植えを楽しんでみませんか?

nikou3

寒さに強い葉ボタンはあられや雪をものともせず、
新しい葉をつくり出します。

お正月用の迎春の寄せ植えなど、
これからが最も葉ボタンの需要が高い時期です。

これから葉ボタンを植えようかと思っていらっしゃる方に、
花の生産農家宮子花園が寄せ植えのポイントをお教えしましょう。

habotan2

葉ボタンをプランターに植える時は、
葉と葉が触れ合うくらいの間隔で植えます。

葉ボタンは寒い冬の時期も次々と新しい葉を増やしていますが、
古くなって黄色く変色し、落葉する葉とペースは同じ!

ということは・・・・?!

枯れ落ちる葉と新しく増える葉が差し引きゼロということで、
葉ボタンの大きさには変化が無いということです。

夏の花苗は、小さなポット苗が何倍にも大きく成長しますが、
同じ感覚でプランターに植えると・・・・
とても寂しい感じになってしまいます。

おしゃれに見える葉ボタンの寄せ植えのポイントは、
ど真ん中の葉ボタンは、ちょっと高めに!
まわりの葉ボタンは、ちょっと外向きに植えます。

丸葉の葉ボタンと縮緬の葉ボタンを、
一緒に寄せ植えしてもおもしろいです。

habotan1

葉ボタンの寄せ植えを楽しんでみませんか?

真ん中は特大の葉ボタンで、周りを小さな葉ボタンで囲んだり・・・
ごく小さい葉ボタンと、ガーデンシクラメンやビオラを寄せ植え!

宮子花園では「寄せ植えコーナー」で、
あなただけの寄せ植えづくりをサポートいたします。

シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】

にほんブログ村 花ブログ 花農家・花き市場へ ←応援クリックお願いします!

0 返信

コメントを書く

お名前とメールアドレスは必須です。
お気軽にコメントお寄せください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>