バラのようなカランコエ・デザートローズ

/
可愛い9cmの鉢植えです。お値段も380円と、と~ってもリーズナブル!「砂漠のバラ」と言われる多肉植物の「カランコエ・デザートローズ」ちょっとお値段高めの多肉植物ですが、こんな小さな鉢植えから育ててみませんか?丸くて肉厚のグリーンの葉が、赤く染まってきます。バラと言われる所以でしょうね。でも、日照不足では葉がきれいな赤になりません。レースのカーテン越しに日があたるような、窓辺に飾るといいですね。こんな寒い時期は、水やりもグッと控えめにします。でも、乾いてから水をあげるときは・・・たっぷりあげてください。 メリハリのある水やりで、寒い季節も元気に育ちます。午前中は明るく晴れていましたが、お昼ごろから雨になりました。静かな日曜日です。今日の午後は横江の本村の総会の日で、今年は会計担当なので飲み物や料理の準備等でなかなか忙しいです。 シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】…

これからの季節、室内で優雅に咲くクラリンドウ

/
白い5弁の花から、長いめしべでしょうか?クラリンドウの花は、藤の花より長く房状に花が咲きます。真夏の強い陽射しが苦手で、耐寒性もありませんから、室内で楽しむのに適した植物です。クマツヅラ加のクラリンドウの花は、10~12月が開花期です。夜になると、甘い香りがするそうです。クラリンドウ・グレープバニラの鉢植えが入荷しました。花房が30cmくらいに、この白い花が垂れて咲くと優雅です。   シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】…

カラフルなグズマニアの鉢植えは水やりがポイントです。

/
部屋の中に飾る観葉植物の鉢植えの中でも、 カラフルで存在感のあるグズマニアが管理も楽で人気があります。 グズマニアの水やりはというと、土にあげません。 葉の間に水を注ぎ、無くなったら足すという感じです。 鮮やかなグズマニアの色が落ちて来て、切り取るまで・・・ 数ヶ月はきれいな色を楽しめます。 室内で直射日光を避け、優しい光が当たるところで、 グズマニアを長く楽しめます。 今日はあさから青空が広がって、日中は汗ばむ陽気になりました。 9月も残りわずか、貴重なお天気でした。   シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】 …

日当たりが良くない部屋でも元気なスパティフィラム

/
白い花が爽やかなスパティフィラムは、半日蔭が大好きな植物です。室内であまり日当たりが良くないけれど、何か植物を育ててみたいという方にオススメです。大変丈夫で育てやすく、あまり日が当たらないところでも元気です。反対に日が良く当たると、白い花が早く色が変化してしまいます。艶々したグリーンの葉と白い花、コントラストもはっきりしています。発育旺盛ですから、暖かい時期はお水をたっぷりあげましょう。   シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】…

華やかなリーガスベコニアの育て方

/
カラフルなリーガスベコニアの鉢植えは、まわりが華やかな雰囲気になります。枝先に花を咲かせながら、ドンドン枝を伸ばします。咲き終わった花をきれいに取り除いてあげます。卒園式の会場を彩り、4月の入園式にも飾れます。旺盛な発育をするリーガスベコニアには、毎月定期的に肥料をあげましょう。底面給水の鉢植えが多いので、薄い液肥を受け皿に入れます。伸びすぎて鉢が不安定になり、花の咲き方が悪くなる頃、切り戻して新しい枝を増やします。今朝も雪がちらつきましたが、日中は青空が広がっています。彼岸も過ぎて、一日一日春が近づいています。   シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】…

優しい花色のクレマチス「ベル・オブ・ウォーキング」

/
固い蕾がほころびはじめたクレマチスの花です。淡い紫色に見えていて、すっかり花が開いてしまうと白っぽくなります。優しい高潔な雰囲気のクレマチス「ベル・オブ・ウォーキング」 クレマチスはつる性の植物ですから、伸びるつるをからませてください。鉢植えのままでは乾きやすいので、大きめの鉢に植え替えると株も大きくなってたくさん花が咲きます。耐寒性がありますから、地植えでも楽しめます。クレマチスの咲き終わった花は切り取って、毎月一回肥料をあげましょう。よく花が咲くクレマチスは、日当たりで育てます。3月もあと10日になりましたね。卒業や退職・異動など・・・3月は別れの季節と言われますが、別れは新しい出会いの始まりでもあります。一つ一つの出会いに感謝して、新しい関係を楽しんでいきましょう。 シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】…

ふわふわモスは触り心地もふっかふっかです。

/
今朝はうっすら積もった雪がガチガチに凍っていましたが、太陽の光にみるみる融けていきました。温室の中のヒカリ苔は、今日は眩しそうです。暖かい小春日和になりました。三寒四温で少しずつ春に向かっています。 ヒカリ苔・・・ふわふわモスは、触り心地もふっかふかです。室内の明るいところで育ててください。見た目も可愛くて心がなごみます。お水はたっぷりあげたら、乾くまであげません。直射日光が強い時期は、半日蔭で育てます。 シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】…

ウサギのトピアリーが可愛い鉢植え

/
ウサギのトピアリーを鉢植えの飾りに、観葉植物のプミラを足元に植えてあります。ウサギの目も花も黒いのは、ご愛嬌です。プミラは水が好きな植物ですから、水切れに注意してください。冬場は夏ほど乾燥しないと思いますが、水をあげる時はタップリあげて乾くまであげないようにします。苔はあまり直射日光にさらすよりも、半日蔭くらいの方が色が長持ちします。来年はウサギ年ですから、こんな鉢植えを飾るのもいいですね。ビッグサイズとこの小さいタイプがありましたが、結構人気があって小さい方の鉢植えが一鉢になりました。   シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】…

水やりも少なくてすむミルクブッシュの育て方

/
砂漠のサボテンのように緑の茎を伸ばすミルクブッシュ、多肉植物として室内でグリーンを楽しんでいただきます。朝晩涼しくなって、若々しいグリーンの茎が伸びています。折れた茎から白い樹液が出ることから「ミルクブッシュ」という名がついたようです。多肉植物ですから、たっぷり水をあげたら乾くまであげません。冬場は水やりの回数もグッと少なくてすみます。トゲがありませんから、室内のグリーンオアシスとしてオススメです。 今日から10月、国勢調査の日ですね。そして・・・ハロウィン!ハロウィンのかぼちゃにシンゴニウムを飾りました。室内にグリーンを一鉢飾るだけで、ちょっと心が和むものです。 シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】…

葉っぱの色や形を楽しむグリーンの寄せ植え

/
バラの模様が浮き出た白い陶器鉢に、葉色や形がおもしろい苗を寄せ植えしました。バックには、ランタナ、マウンテンミント、左にベルベリス・ボナンザゴールド・・・トゲがあるのが難点ですが、草姿といい葉色の変化が楽しめます。 手前には、斑入りの苗を寄せ植えしました。左は、ベビーサンローズ肉厚の葉で赤い小さな花が咲きます。右は、ヘデラ・白雪姫新しく出る葉が白っぽくて綺麗なヘデラです。緑色が濃くなった葉が出る枝は、短く切り戻ししましょう。宮子花園の寄せ植えの詳細 シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】   …

ディフェンバキアの葉は、斑の入り具合で品種がいろいろあります。

/
大きな白い葉に斑が入って涼しげな印象のカミーラ、 夏のグリーンインテリアとして人気があります。 ディフェンバキアの中でも、スッキリした印象のカミーラに比べ、 斑の入り加減で全く違ったかんじになります。 ディフェンバキアのコンパクタは、緑の細かい斑がたくさん入ります。 柔らかくて繊細な感じのディフェンバキアの葉は、 屋外でほ半日蔭の場所か、室内のやさしい光が適しています。 夏の強い陽射しを直接浴びると、 大きな綺麗な葉が葉焼けを起こしてしまいます。 乾燥した状態でも葉が萎びて来ますから、 霧吹きで水分補給するのもいいでしょう。   シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】   …

ひまわりとリンドウのフラワーアレンジ

/
真夏の時期は、水やりするのも億劫になる方も多いでしょう。ササッと水やりを済ませたいところですが・・・この連日の猛暑ですから水もたっぷりあげないといけません。お花も必死で頑張って咲いていますから、プランターの底から流れ出るくらいたっぷりあげてください。お昼のカンカン照りの時ではなく、朝や夕方に水をあげてください。暑いからと言って、日が暮れてしまってからは・・・・いけませんね!日がとっぷり暮れる頃には、葉の水滴が落ちてしまっている感じが望ましいです。ひまわりやユリ、ヒペリカムにバラ、青いリンドウの花が清涼感を感じます。フラワーアレンジを配達しました。 シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】   …

マンデビラ・サマーブーケの育て方

/
つる性の植物のマンデビラ・サマーブーケは、しなやかな枝を伸ばしからみつきます。レモンイエローの花が爽やかです。フェンスやトレリス、アーチなどにからませて、お好きな形にして楽しめます。室内で育てるには無理がありますから、ベランダや花壇など日当たりの良い場所で、思い切り枝を伸ばしてあげましょう。伸びる枝の先に、サマーブーケは次々と花を咲かせます。耐寒性がありませんから、寒くなったら数節を残すくらいに短く切って取り込みます。花壇植えの場合は、挿し木で新しい苗を育てるのもいいですね。   シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】   …

金沢市の「グループ花みどり」の苔玉教室

/
葉色がきれいなヒューケラを苔玉にしました。たっぷり水を含ませれば苔が乾いた状態になるまで、水やりの必要がありませんから管理が楽です。皿にのせて飾ります。オリズルランやパキラ、ベアグラス、プテリス、ヘデラ、大文字草など・・・・一人で2つの苔玉を作っていただきました。 苔玉のケト土を、耳たぶくらいの柔らかさになるまでこねます。宮子花園の苔玉教室では、使い捨ての薄い手袋を準備してあります。ケト土をしっかりこねてあれば、苔玉作りの土台がうまくいきます。お好きな観葉植物を選んでいただいてから、ケト土でしっかりくるんできれいな丸い玉にします。きれいなところに苔をしいて・・・ケト土が見えないように苔で覆います。ケト土に苔がくっつくように、しっかり丸めます。そして、緑色のワイヤーを巻いて、苔をしっかり押さえます。ワイヤーを巻き終われば、苔玉づくりの完成です!今日は晴れていいお天気になりましたが、昨日の午後は集中豪雨のような激しい雨が降りました。金沢市の「グループ・花みどり」の会員の方々が、宮子花園を見学してから苔玉教室を受講されました。見学を終えた途端に、大変な雨が降りだしましたが・・・苔玉教室が終了し、お帰りになる頃には雨もあがりました。 シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】   …

カラフルな葉色を楽しむレックスベコニアの育て方

/
雪がかかったような葉の模様がおもしろいです。レックスベコニア・モーニングデュー白い斑が入って、涼しいげに見えます。レックスベコニア・マオクヘイズ銀色に輝いた葉の中央が、赤味がかかります。金属的なメタルのような光沢があります。レックスベコニア・アフリカンジャングル名前のように鮮やかな色合いの葉が、真夏のジャングルの植物を見るようです。レックスベコニアの葉色は、まだまだ他にもレパートリーがあってカラフルです。気温が高くなると、俄然元気が出てきます。大きな厚みのある葉を何枚も広げ、可憐な小さな花を咲かせます。レックスベコニアは暑さには強いのですが、真夏の強い陽射しでは綺麗な葉が葉焼けを起こしてしまいます。優しいレースのカーテン越しくらいの場所で、カラフルな葉色を長く楽しんでください。 シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】   …
87219682

花期の長いアンスリウム・アリゾナの花の変化

/
プラスチックで作った造花のように、光沢があります。 アンスリウムのアリゾナの花、 室内に飾る観葉植物の中でも華やかさがあります。 本当に長い期間咲いているアンスリウムの花・・・ 少しづつ花びらが緑がかって来ます。 半分くらいが緑になったアンスリウムの花、 これくらい花びらの色が変わっても、まだまだ枯れません。 この頃になると次の花が開花していますから、 この花を切ってもいいですし、 花びらが黄色く枯れてくるまで観賞してもいいです。 シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】 …