晴れた日は土作りに励みます。

/
快晴の今日は暑くなりました。土作りには、最高のお天気です。これから秋のガーデニングシーズン、寄せ植え教室や冬の花苗の育苗等土の需要が高まります。 調合した土を粉砕機にかけます。 植物の根が張りやすいように、細かく粉砕された土です。これから晴れた日には、土作りに精をだします。宮子花園では、更に蒸気消毒機にかけます。宮子花園特性の土は、手間がかかりますが安心して使っていただけます。   シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】…

シクラメンの底面給水の準備

/
鉢上げしたシクラメンの花が、ポツポツと咲き始めました。今年はシクラメンの新品種も登場します。どうぞお楽しみに! 鉢上げしてしっかり成長してきた鉢から、いよいよ底面給水を始めます。樋の口に発泡スチロールをはめて水を貯めます。この後しっかり挿し込んで固定します。これまで手灌水でしたから、底面給水の部分が増えると、水やりが楽になってきます。 今月から働き始めたばかりの新人スタッフは、21歳で明るくて元気いっぱいです。まだ数日ですが、シクラメンの鉢上げもしっかり頑張ってくれています。もうしばらく鉢上げ作業が続きますが、よろしくお願いいたします。シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】 …

ゼラニウムの定植

/
ゼラニウムのプラグ苗です。柔らかくて初々しい若葉には、ゼラニウム独特の香りがします。外は雪がチラつく寒い日ですが、ガラス温室の中は上着を一枚脱ぎたいくらいです。 スピードポッターで土詰めをしたポットに、ゼラニウムのプラグ苗を定植していきます。通常の花苗は9cmポットに植えますが、株が大きくなるゼラニウムは10,5cmポットに定植します。ゼラニウムの花苗は、4月下旬からの販売予定です。<ゼラニウムの品種> リンゴ2000F1花色は6色あります。・ディープレッド  ・ディープローズ  ・ラベンダー  ・ホワイト ・スカーレットスター  ・ローズスターディープレッドは新色です。お客様からご要望の多い真っ赤なゼラニウムです。ゴールデンウィーク頃から販売できるよう、これからしっかり育苗していきます。ゼラニウムの花苗は、日当たりの好い場所で育ててください。 シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】…

花苗の育苗準備開始です。

/
お正月も終わり、今日から仕事始めです。シクラメンの底面給水に使っていたといを片付けて、これからスピードポッターで土詰めが始まります。春の花苗の育苗の為、これから春まで土を詰めて・・・苗を植えて・・・外は寒くても暖かい温室の中で、地道な作業が続きます。今朝は冷え込みがきつかったのですカチカチに凍っていましたが、保温用のビニールを張った温室の中は暖かいので、上着を一枚脱いで作業しています。帰省していた長男も、もうすぐ帰ります。夏にはまた白山に登ろうと、約束しました。 シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】…

テーブル花を配達してから宮子花園の土の準備をしました。

/
ワレモコウやアスパラに、リンドウやバラのフラワーアレンジ、敬老会のテーブル花として飾っていただきます。 白山市加賀野公民館で開催される敬老会に、テーブル花のアレンジを朝一番に配達してきました。朝は青空が広がって爽やかな秋晴れのお天気でしたが、昼頃から雲が広がってきました。 台風15号の影響で、ず~っと雨降りが続いていましたから、全く外仕事ができませんでした。今日は雨が降らないうちにと、用土の準備をしました。秋から冬にかけて、寄せ植え教室で宮子花園の土をたくさん必要とします。また、来年の花苗の植え込み用の用土も準備しなければなりません。なんとか雨が降らなければいいんですが・・・   シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】…

可愛いパンジーの苗植え替えできました。

/
パンジーのプラグ苗です。初冬に花壇に植え込んで・・・雪の下になっても枯れずに、春まで頑張って咲きます。白山市に納入する花苗が殆どですが、宮子花園でも販売します。 植え替えしたばかりのパンジーの苗です。光を当てながら・・・あまり暑すぎないようにと、温度管理にも気を使います。しっかりした元気なパンジーに育つよう、これから毎日気が抜けません。 シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】…

今年初のブラックベリーの実を発送しました。

/
いよいよ、ブラックベリーの実が熟して黒くなってきました。真っ黒になったブラックベリーの実を、完熟の実を一粒づつ摘み取ります。無理して引っ張って摘み取ったブラックベリーの実は、まだ酸味が強いです。 今年初のブラックベリーの生の実を、本日発送しました。柔らかくて果皮の薄いブラックベリーの実がかさなってつぶれないように、容器にサワサワ~っと詰めてクール便でお送りします。宮子花園のブラックベリーの実は、消毒をしないで自然のままに育てています。軽く洗ってから、ジャムやブックベリー酒などに使っていただきます。勿論、そのまま食べても大丈夫ですが酸味のある実なので、加工用として買われる方が多いようです。 摘み取ったばかりのブラックベリーの実で、手作りジャムを作っています。丁寧にブラックベリーの種を取り除いて、砂糖を加えてじっくり煮込んでいます。アントシアニンたっぷりのブラックベリーは、果汁はこんなに赤いんですよ。 瓶詰めしたブラックベリージャムは、30分間煮沸消毒をします。常温で一年間の賞味期限ですが、保存料など一切使用していない無添加の手作りジャムですから、開栓後は冷蔵庫で保存して早めにお召し上がりください。ブラックベリーの苗も、実が熟して落果する苗もあります。こちらもブラックベリーの実が付いているうちに、お早目にお買い上げください。   シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】…

剪定が終わったブラックベリーの誘引作業

/
剪定が終わったブラックベリーです。昨年ブラックベリーの実がなった枝を、すべて切り落とし、誘引してあった枝もすべて取り払った状態です。新しいブラックベリーの枝が、好き勝手な方向に伸び放題です。 新しく伸びた枝が多く、支柱に誘引するのもなかなか面倒な仕事です。ブラックベリーの実がなる大切な枝ですから、それぞれ新しい枝を伸ばせるように少し間隔をあけて支柱に止めます。ブラックベリーの実が収穫できる頃には、実の重さで枝が垂れますから・・・・ブラックベリーの実が泥はねで汚れないように、また収穫がしやすいように60cm以上地面から離して誘引します。もう芽が出ようとしているブラックベリーの枝はとても元気ですから、今年の夏は、たくさんのブラックベリーの実が期待できそうです。夏にはブラックベリーの生の実も販売いたしますが、丁寧に種子を取り除いて作ったブラックベリージャムや、ブラックベリーソースも販売しています。一度ご賞味ください。晴れ間があると、ブラックベリーの誘引を頑張ります。 シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】…

高校生の長期企業型実習で感想文をいただきました。

/
石川県立翠星高校の長期型企業実習で、二人の高校生が今年の6月から10月の期間中に10日間実習しました。 シクラメンの鉢上げの時期から始まり、鉢上げしたシクラメンが咲き始める頃まで実習がありました。このたび実習完了のお礼として、生徒さんの感想文が送られてきました。夏休みの期間はお休みでしたが、数ヶ月間にわたって実習したことで、シクラメンの生育を実感していただけたことが良かったと思います。生徒さんの感想の一部をご紹介します。・シクラメンに追肥する時も段階によって与える肥料の大きさが違ったり、肥料の間をあけなければいけない、葉に付かないようにしなければいけない、肥料の底面をしっかり置き、少し深く置くなど多くの注意をして作業しました。追肥をするだけで、こんなに注意をしなければならないことを知りました。・陽射しの強い日も雨の日も、シクラメンの管理をしたり、出荷用の花をトラックに運んでいる姿を見て、自分のしている作業は、ほんの一部だということを実感しました。・職場体験でシクラメンの生長を見ることが楽しかったです。最初は一つ一つの花の苗としか思っていませんでしたが、大きくなって前より開花したシクラメンが増えていくにつれて愛着がわきました。・宮子花園さんの実習で一番印象に残っているのは、シクラメンのことについてです。・10日間の実習で思ったことは、植物は毎週成長していて、前回来たときは蕾だったものが次に来た時にはもう花が咲いていて、その下からまた新しい蕾ができていたり、・また葉の枚数が前回見たときよりも、とても枚数が多くなっていたことが印象深いです。・宮子花園さんの企業実習で得たことは、作業とは根気良く忍耐強く、そして物事を長い目で見る事や与えられた仕事一つ一つを行うというとても大事なことを学べました。 シクラメンの一鉢一鉢に、一粒づつ肥料をあげるという単純作業ですが、その一粒の肥料でシクラメンの生育に大きな差が出ます。立ち作業ですから辛いこともあったと思いますが、花を生産する大変さと楽しさを実感してもらえて良かったと思います。 シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】…

シクラメンの葉組作業で花芽をふやしましょう。

/
体育の日と言えば10月10日でしたが、今年は11日の今日が体育の日です。ウォーキングで秋を感じるのもいいですね。昨日は、2010年10月10日と10が並びました。ただそれだけのことなんですが、10日のシクラメンの温室の様子です。例年ですと、4号鉢の早咲きシクラメンの出荷が始まっているのですが、今年の夏の猛暑の影響でやや生育が遅れています。宮子花園のシクラメンは耐暑性もある品種なので、高温障害も無く、涼しくなってからは一気に挽回する勢いです。 シクラメンは、ただ今葉組の真っ最中です。涼しくなってからシクラメンの生育も順調で、混み合うシクラメンの葉をきれいに並べるようにして、シクラメンの成長点に光が当たるようにします。このシクラメンの葉組作業は、一鉢づつ丁寧にすべての鉢にします。この地道な葉組作業をすることで、シクラメンの花芽が育ちますから花数が多くなります。昨年購入したシクラメンが夏越しに成功された方は、シクラメンを植え替えるのも大切ですが、まずは「葉組作業」をしてください。混み合う葉の茎を、優しく折らないように気を付けて広げてください。シクラメンの花がたくさん咲いてくれます。 シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】…

ガーデニングに欠かせない宮子花園特製の土の準備

/
秋晴れの爽やかな天気が続き、用土作りに精を出しています。温室を建てるときに埋め立てする田んぼの表土を、花苗の生産用の土として保存してあります。用土作りの最初は、この田んぼの土を使います。   カガライト(軽石)や腐葉土、ピートモスなどを、順番に次々と田土の上にのせていきます。トラクターですくいあげては、サンドブレンダーに入れます。田土の塊も細かく粉砕しながら、すべてを混合していきます。 きめの細かい園芸用の土が出来上がります。宮子花園の土は元肥も含まれています。これから秋の園芸シーズンや寄せ植え教室には欠かせませんから、こうして納屋の中に積み上げています。更にこの用土を蒸気消毒してから使います。   シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】…

朝晩涼しくなってパンジーやビオラが順調に生育しています。

/
朝晩涼しくなりましたね。2週間前に鉢上げしたパンジーやビオラの苗も、順調に生育してくれています。なかには気の早いビオラが、可愛い花を咲かせていました。 プラグ苗のパンジーとビオラを鉢上げしてからしっかり根がつくまでは暑さの影響を受けやすいので、結構神経を使いましたがこれでひと安心です。これからは伸びないようにしっかり日に当てて、施肥を気を付ければ順調に生育してくれるでしょう。パンジーやビオラは、雪の降る時期も元気に花を咲かせます。冬の花苗として花壇やプランターに植えるのは、もうちょっと先になります。今日もお問い合わせがありましたが、パンゾーやビオラに植え替える前に、コスモスやジニア、ナデシコ、金魚草など・・・秋の花をワンシーズン楽しみましょう。 シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】     …

井戸水のポンプの交換

/
花の生産に欠かせない重要な水・・・宮子花園は井戸水を利用しています。地下から吸い上げるポンプは、昭和62年3月に設置しました。あれから23年・・・一日も休むことなく稼働しています。ところが先月からポンプの調子が悪くなり、いつ故障して止まるかわからない状況ということで・・・・新しいポンプに交換することになりました。 専門の業者さんがクレーン車でやって来ました。地下の水を吸い上げる為、長いパイプが何本も入っています。地中のパイプを引き挙げて、繋いだ部分で切断しながら引き揚げると、古くなった水中ポンプが出て来ました。本当に長い間、休むことなく働いてくれました。…

パンジーとビオラの定植に向けて、暑い中土詰め作業開始

/
暑い日が続いていますが、朝夕少しずつ秋の気配が感じられるようになりました。少しでもしのぎやすいようにと、ビニールハウスに遮光率60%のダイオネットSGを張ってあります。痛いくらいの厳しい直射日光を遮りますから、ハウスの中は暑いとは言っても木陰に入った感じです。明日パンジーとビオラのプラグ苗が到着しますから、定植するためにポットに土を詰めて準備します。 お盆過ぎまで夏休みだったパートさんも、ようやく活動開始です。スピードポッターで、均一に土を詰めていきます。例年でしたらお盆過ぎには風も涼しくなっているのですが、今年の暑さは特別です。汗をふきふきの作業です。午後からは、息子が替わって土を詰めましたから、明日からパンジーとビオラの苗を定植してもらいます。あまりに高温が続くと、苗の生育に影響するので心配です。 シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】 …

トロリと美味しいブラックベリーソース新発売です。

/
花とハーブの生産直売宮子花園では、寄せ植えやハーブなど植物だけでなく今の季節はブラックベリーの生の実を販売しています。黒光りしているブラックベリーの実と、作ったばかりのブラックベリーソースをケーキに添えてみました。アントシアニンをたくさん含んでいるブラックベリーの天然色素の色をしたソースです。 甘酸っぱくてスッキリした味のブラックベリーソースは、この夏新発売の商品です。 真っ黒に熟したブラックベリーの実には、ツブツブの一つ一つに小さな種があります。贅沢にも、その種をすべて取り除いています。なめらかな口当たりです。連日猛暑が続いていますが、完熟したブラックベリーの実は自然に落果してしまいます。果汁をた~っぷり含んだブラックベリーの実は、真っ黒な皮がプク~ッと膨らんで柔らかい感触になります。ブラックベリーの実を一粒一粒つまんで、その感触を確かめながら摘み取っています。丁寧に手作りしたブラックベリーソースを、是非ご賞味ください。ご自分でジャムやソースを作ってみたい方は、生や冷凍のブラックベリーの実をどうぞ。 シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】 …

猛暑が続き、すっかり雪のない白山の眺め

/
猛暑が続いています。田んぼの稲もすっかり大きくなり、早稲の品種は稲穂が見えるようになりました。今月末から稲刈りが始まり、新米の季節がやって来ます。この暑さが続いては、ご飯に味噌汁というよりは、そうめんがうれしいですね。昨年の今頃は、霊峰白山の頂上に立っていたかと思うと・・・・今年はなかなか登山のチャンスがありません。真正面の山が、霊峰白山です。その下に見えるのは、北陸新幹線の工事です。右の方から来た列車は、大阪ー富山を結ぶサンダーバードです。その当たりは遺跡の発掘調査で、新幹線の工事がストップしています。このあたりは、東大寺横江の荘跡をはじめ遺跡が多い地域ですから、工事で「掘れば何かが見つかる」地域です。この猛暑の中・・・・赤銅色に日焼けした方々がヘルメットを被って発掘調査をされています。今日など宮子花園の温室の中は、寒冷紗をしてあるとはいえ体温と同じくらいの気温です。温室の中に扇風機を回していますが、熱風が吹いているような感じです。植物の方が、人間よりずっと強いですね。そして、炎天下で作業されている方は、本当に大変だと思いました。 シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】   …
5e16aae9

爽やかな6月の気候、シクラメンの鉢上げが順調に進んでいます。

/
宮子花園の大きい温室の中は、 日々鉢上げされるシクラメンで占められていきます。 ゼラニウムの花苗の販売は終了し、 アイビーゼラニウムの苗も残り少なくなりました。 春の花苗もほとんど出荷が終わり、 今は夏の花苗・・・・ メランポジウム、日々草、コリウス、ベコニア、サルビア、 マリーゴールド、インパチェンスが出荷待ちです。 花苗生産のベンチの上に、 底面給水のトイが順次並べられ・・・・ もう一ヶ月もすれば、シクラメンの温室になります。 6月ですが、 爽やかなお天気が続いてシクラメンの生育も順調です 鉢上げしてしばらくは、 土に充分水が浸透するまで手冠水で水やりします。 トイに水をはって底面給水が始まると、 水やりの時間が省略できて楽になるのですが、 もうしばらく忙しい日が続きます。 早い品種のシクラメンは、 10月初旬から販売できると思います。 シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】 …