園芸用の土を、見直してみましょう!その1,

【土は、植物の住まいです。】

これからプランターや花壇に、花を植えようかという方,


土のことを見直してみませんか?


 


植物は土の中に深く根を張って、

葉や茎、花といった地上部を支える一方で、


地中の栄養分を吸収し、地上部に送っています。


植物が元気に大きく育つかどうかは、土次第なのです。


 


【良い土の条件とは】

植物にとって良い土とは、適度に水分を保ち=保水性があり


同時に、水はけがよく=排水性に優れていることも大切です。


 


根が十分に呼吸できる通気性に優れ、


腐食質に富んだ肥沃な土をいいます。


 


土といっても、コンテナや花壇用の土として基本になる用土と、

基本用土の欠点を補って通気や水はけ(排水性)や、


水もちを良くする改良用土があります。


 


良い土とは、この基本用土と改良用土を


バランス良く配合した土のことをさします。


 


☆基本用土は、



田土、赤玉土、黒土、桐生砂、日向砂、軽石などです。


 


☆改良用土は

腐葉土、ピートモスなどの有機質や


パーライト、バーミキュライトなどの人工土です。


 


続きは、その2で・・・


 


お花や寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】


 


にほんブログ村 花ブログ 花農家・花き市場へ ←応援クリックお願いします!

0 返信

コメントを書く

お名前とメールアドレスは必須です。
お気軽にコメントお寄せください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>