高校生の長期企業型実習で感想文をいただきました。

石川県立翠星高校の長期型企業実習で、
二人の高校生が今年の6月から10月の期間中に10日間実習しました。

石川県立翠星高校の実習生

シクラメンの鉢上げの時期から始まり、
鉢上げしたシクラメンが咲き始める頃まで実習がありました。

このたび実習完了のお礼として、
生徒さんの感想文が送られてきました。

夏休みの期間はお休みでしたが、
数ヶ月間にわたって実習したことで、
シクラメンの生育を実感していただけたことが良かったと思います。

生徒さんの感想の一部をご紹介します。

・シクラメンに追肥する時も段階によって与える肥料の大きさが違ったり、
肥料の間をあけなければいけない、
葉に付かないようにしなければいけない、
肥料の底面をしっかり置き、少し深く置くなど多くの注意をして作業しました。
追肥をするだけで、こんなに注意をしなければならないことを知りました。

・陽射しの強い日も雨の日も、シクラメンの管理をしたり、
出荷用の花をトラックに運んでいる姿を見て、
自分のしている作業は、ほんの一部だということを実感しました。

・職場体験でシクラメンの生長を見ることが楽しかったです。
最初は一つ一つの花の苗としか思っていませんでしたが、
大きくなって前より開花したシクラメンが増えていくにつれて
愛着がわきました。

・宮子花園さんの実習で一番印象に残っているのは、
シクラメンのことについてです。

・10日間の実習で思ったことは、植物は毎週成長していて、
前回来たときは蕾だったものが次に来た時にはもう花が咲いていて、
その下からまた新しい蕾ができていたり、

・また葉の枚数が前回見たときよりも、
とても枚数が多くなっていたことが印象深いです。

・宮子花園さんの企業実習で得たことは、
作業とは根気良く忍耐強く、そして物事を長い目で見る事や
与えられた仕事一つ一つを行うというとても大事なことを学べました。

ガーデンシクラメンの出荷

シクラメンの一鉢一鉢に、一粒づつ肥料をあげるという単純作業ですが、
その一粒の肥料でシクラメンの生育に大きな差が出ます。

立ち作業ですから辛いこともあったと思いますが、
花を生産する大変さと楽しさを実感してもらえて良かったと思います。

シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】

にほんブログ村 花ブログ 花農家・花き市場へ ←応援クリックお願いします!

0 返信

コメントを書く

お名前とメールアドレスは必須です。
お気軽にコメントお寄せください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>