寒さに強く育てやすいガーデンシクラメン

宮子花園のガーデンシクラメンの魅力を紹介します。

ガーデンシクラメン

宮子花園のガーデンシクラメンは、北陸の厳しい冬も、夏の猛暑にも強い!

10月に入って、朝晩冷え込むようになりましたね。

こうなると食物の旨味が増して、食欲が刺激されますね。

これから各地で収穫祭が、次々と開催されます。

美味しいものがたくさん出回って、食いしん坊の私には楽しい時期になりました。

 9月から出荷しているガーデンシクラメンをご紹介しましょう。

ガーデンシクラメン

お花が小ぶりのガーデンシクラメンは、

ガーデニングブームに合わせて開発されたシクラメンの可愛いポット苗です。

 寒さに強く、冬の花が少なくて寂しい時期に、ずっと花を咲かせてくれます。

凍らない限り、多少のあられや雪にも耐えてくれます。

宮子花園のガーデンシクラメンは、北陸の厳しい冬に耐えるのは勿論のこと、夏の猛暑にも耐えてくれるという何とも有り難い品種です。

ですから、冬と夏とで置き場所を替えて頂ければ、真夏以外は花を咲かせてくれるという驚きの強さを見せてくれます。

皆様のお店の玄関先に、可愛いガーデンシクラメンとコニファーの寄せ植えを飾ってみませんか?

手入れの必要もほとんど無く、これからクリスマスのイメージで楽しめますよ。

では実際に、ガーデンシクラメンの寄せ植えを作ってみましょう。
寄せ植えの手順は、ガーデンシクラメンのページに詳しくご紹介しています。

植える時一番気を付けて欲しいのは、ガーデンシクラメンの球根の上の部分を、土に埋まらないようにすることが大切です。

ガーデンシクラメンの寄せ植え

まずガーデンシクラメンの苗をポットから出して、球根の回りを親指で下に押していきます。

球根の上部から、蕾や葉の茎がいっぱい生えています。

その部分をすっきりと出して、風が通るようにします。
こうすることで、球根が元気に育ちます。

他の苗よりも、ガーデンシクラメンの苗を、1センチ程高めに植えるという手もあります。

寒さに強い花なので、真冬でも花を咲かせます。

寒冷地や北陸の湿った重い雪が積もるような地域では、軒の下に置いた方がいいでしょう。

ガーデンシクラメンとコニファーとビオラで寄せ植えを作ると、花色の組み合わせで、可愛らしいイメージにも、シックなイメージにもできます。

「お店が忙しくて、とてもお花を植えてられないわ。」という方には、宮子花園のプロの技で、寄せ植えをお作りします。

材料費+300円で植え込みできます。 宮子花園の寄せ植えの詳細

ガーデンシクラメンの花の色は、お好きな色を選んでください。1色だけでもいいし、 カラフルに全部色違いにしてもいいですね。

ガーデンシクラメンの寄せ植え

自分で、植えてみようかしらという方には、ガーデンシクラメンの苗は、10苗セットがお得です。

ガーデンシクラメンの苗は、9センチのビニールポット苗です。

一番簡単なガーデニングは・・・

ポット苗を、そのままカゴや小さな鉢に入れて、そのまま飾ることです。
咲いている期間中、時々液肥や粒の肥料を与えるだけでも充分楽しめます。

ワイヤーのリングバスケットは、ガーデンシクラメンの寄せ植えが簡単にできます♪

シクラメンを育てる場合、大切なことは室温です。
暖房した部屋では、花の姿がダレてしまいます。

     光が当たって、温度差が少ない場所が適しています

真冬でも、無加温で平気です。

これでしたら、ちょっとした出窓にも飾っていただけますね。

「あんまり長く咲いているから、飽きちゃった。」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、

そこまで楽しめるというのも、スゴイことじゃないでしょうか。

花を育てたことが無い方も、一度育ててみてください。

可愛い小さなシクラメンの花も、あなたに何か語りかけてくれるでしょう。

ガーデンシクラメンの花かご

ガーデンシクラメンは、その名の通りガーデニング用の花苗ですが、お庭やプランターに植え替えしなくても、元気に育ってくれます。

コニファーとガーデンシクラメンを籐かごに入れて・・・・それだけで、とっても可愛いプレゼントです。

卒園式や卒業式の会場を飾る花として・・・お店の開店祝や景品としてもオススメします。

ガーデンシクラメン苗の詳細は、ブログでチェックできます。